トップページ »  » 視力回復コンタクトの特徴

視力回復コンタクトの特徴

コンタクトレンズはどんどん進化していますね。
しかも、手軽に使えるようになっていますし、通販サイトなどを見ても便利に購入できるシステムが充実しています。
数年前まではレーシックの人気に押されていましたが、レーシックで起こるトラブルが問題視され始め、
コンタクトレンズ人気が復活しつつあるようです。
また、医療の現場でも日々開発が進み、
今注目の視力回復レンズがテレビなどでも取り上げられ、
話題となっています。

視力回復レンズは正式には「オルソケラトロジー」といいます。
使用方法は「寝ている時に装用する」と、それだけです。

今までの視力矯正コンタクトレンズと違い回復レンズは起きている時は使用せずに、寝ている時に使用するのですが、
特殊なレンズにより圧をかけて角膜を押すことで1〜5週間ほどで視力の回復効果が現れ、
そのうちに昼間もメガネなどが必要なくなります。

とても人気が出てきているのですが、まだ保険適応外なので実費で20万〜30万ほどかかるようです。
しかし、レーシックで重大なトラブルが起きるよりも安心で、通常のコンタクトレンズを使用しての眼の疲れに悩まされる事もないので、
やる価値はあるかなと感じます。

このままもっと一般的になればもっとお安く、そのうち通販などでも購入できる日がくるかもしれませんね。
最近はネットの通販でメガネが作れる時代なのでそう遠くはないかもしれません。