トップページ »  » 素材研究うハード、ソフト、コンタクトレンズ

素材研究うハード、ソフト、コンタクトレンズ

最近はコンタクトレンズの通販サイトなどを見ていてもかなり多くの種類や聞きなれない新素材などを見ますね。
種類的には昔から同じ、ハードレンズ・ソフトレンズくらいなのですが、特にソフトレンズの場合は連続装用や使い捨てレンズが増えたために、
いろんな素材が出ています。

例えば、
ソフトコンタクトレンズの場合
ポリヒドロキシエチルメタアクリレートと言う素材と PVPという素材がほとんどで、
水分を多く含むように出来ています。
新素材のシリコーンハイドロゲルは酸素を従来よりも酸素を通しやすいので、
連続装用や長時間装用に優れています。

ハードコンタクトレンズの場合
アクリル樹脂の硬質プラスチックを使っているものがほとんどでしたが、
これは耐久性に優れているためです。最近の酸素透過性のレンズはこのプラスチックにケイ素と言うものを配合して、
酸素を通しやすくしていますが、そのために柔らかめの素材になっています。



ざっとこのような素材が有名な素材ですが、
素材の特色を生かしてより使いやすいように、より価格を落として提供出来るようになっています。

海外からの輸入通販サイトなどもありますが、素材をキチンと見ていると、
名称が違っていてもなんとか今まで使っていたレンズの特色と比べて購入する事がラクだったりします。
通販の際のちょっとした基礎知識になれば幸いです。